見えない力で人生を思い通りに【スピフル】
スピリチュアルメッセージ

【スピリチュアルメッセージ】アゲハ蝶・クロアゲハ蝶が秘めたメッセージとは?

私たちは日々の何気ない暮らしの中で、気付かないうちにスピリチュアルな出来事に遭遇しています。

それはちょっとした事から、普通に考えたらありえないような事までさまざまですが、そういった出来事は、スピリチュアル的には「何かの暗示」と考えられることが多いのです。

スピリチュアルなメッセージは、‘誰か(何か)に出会った時’や‘自然現象’を通じて感じとったり、自分の体調の変化などから気付いたり、中には‘直感’という人もいたり…さまざまです。

中でも多いのが、‘生き物’を通じて受け取るケース。

例えば

  • カラス
  • ヘビ
  • クモ
  • トンボ
  • etc.

ここに書ききれないほど多くの生き物が、私たちに「お知らせ」を届けてくれているようです。

今回はその中から、‘蝶々’にスポットを当て、

『スピリチュアル的にどんなメッセージが秘められているのか』

『神社で見かける蝶々にはどんな意味があるのか』について探ってみました。

さらに『クロアゲハ蝶に秘められたスピリチュアル的メッセージ』についてもご紹介します。

アゲハ蝶にはどんなスピリチュアルメッセージが秘められているの?

この世の中には、さまざまな種類の蝶が存在します。

中でも印象的なのは、映画やサスペンスドラマにたびたび登場する、優雅でミステリアスな‘アゲハ蝶’。

そのアゲハ蝶には、スピリチュアル的にどのような意味があるのでしょう?

昔からアゲハ蝶は‘神様の使者’と考えられ、キリスト教では‘復活を意味する生き物’とされているそうです。

日本でもそうですが、海外でも、昔から蝶について語り継がれている事はたくさんあります。

なかでもアゲハ蝶については、‘ラッキーなサイン’と考える人が多いようです。

また見た目はとても美しいとはいえない幼虫が、変貌を遂げて美しく優雅な蝶になることから、良い意味で‘変化’や‘変身’の象徴 ともいわれています。

スピリチュアル的には蝶が体にとまると「幸運がやってくる」、「物事の節目や、人生の転機が訪れる」 と考えられているようです。

神社で見る蝶々にはより特別な意味がある?

  • 神社へ参拝に出掛け、本殿の前で手を合わせたら、突然風が吹いた。
  • 参拝中、急に雨が降ってきた
  • 雨がピタリと止んだ

など、「天候が急変した」という話はよく耳にします。

実際、私も何度か経験しています。

これは、いずれも‘縁起が良い’と捉えられているようです。

では、「神社で蝶々を見た」場合は、どのような意味があるのでしょう?

神社で蝶々に遭遇する意味

それはズバリ!‘その神社の神様から歓迎されているサイン’と考えてOK!

ただしそれを経験した人たちの話によると、単に「蝶々を見かける」のではなく、「蝶々の方から近寄ってきて、しばらくついてくる」のがポイントということです。

‘歓迎のサイン’を受け取るという事は、「その神社の神様と相性が良い」という‘お墨付き’を頂いたということになるようです!

クロアゲハ蝶に秘められたメッセージ

ここまでは一般的な蝶々やアゲハ蝶についてのお話でしたが、ここからはアゲハ蝶の中でも‘黒いアゲハ蝶’についてのお話。

そもそも黒い蝶は、‘神様や死者の魂の使い’と言われ、昔から‘特別な存在’と考える人が多いようです。

ただ特別だからと言って、すべてがLuckyと手放しで喜んでもいられません。

場合によっては、‘悪いメッセージ’を運んでくることもあるようです。

それは国や住んでいる地域、遭遇した場所、その時の自分の状況によっても、ラッキーかアンラッキーか解釈が変わってくるようなのです。

そこでクロアゲハ蝶が‘良いメッセージを運んでくる場合’と‘悪いメッセージを運んでくる場合’をご紹介しておきましょう!

クロアゲハ蝶(黒い蝶)の良いメッセージ

  • 黒い蝶を見た場所が「お墓」だった場合

日本では‘亡くなった人の魂が、蝶に乗って挨拶に来た’という考えが存在しているようです。

  • 家の中に黒い蝶が入ってきたら

‘ラッキーパーソン出現のサイン’と考えられています。

  • 黒い蝶が夢に出てきたときスッキリ起きることができたら

‘縁起の良い夢’と捉えられるそうです。

  • 黒い蝶が神社に現れたら

‘良いことが起こる前触れ’と言われています。

昔から、黒い蝶は神社の境内など、神様が祀られている場所の近くで見かけることが多いので、‘神様の使い’と考えられているようです。

 

神様が歓迎してくれているという‘知らせ’を、黒い蝶が伝えにきた…と捉えれば良いでしょう。

残念ながら私はまだ経験したことがありませんが、神社に現れること自体に深いメッセージがあるようで、とても興味をそそられます。

いつか参拝の時に遭遇できるのでは?と楽しみにしているのですが、その時は、まだ訪れていません…。

他にも、‘ビジネスに関係する嬉しい知らせがある’など、さまざまな説があるので、もっと知りたい!という方は調べてみて下さいね。

 

ちなみに、ハワイでは「大切な人に別れを伝えるために、亡くなった人が蝶になって現れる」という言い伝えがあるそうです。

ハワイという土地がそうイメージさせるのか、とてもスピリチュアル感が強く、素敵な感じがします…ね。

と、ここで終わりにしておきたいところですが、‘クロアゲハ蝶が悪いメッセージを運んでくる場合’についても、少しだけご紹介しておきましょう。

クロアゲハ蝶(黒い蝶)の悪いメッセージ

日本では昔から黒い蝶は不吉である」と考える人も多くいたようです。

西洋でも、黒い蝶やカラスなどは‘魔女が変身した姿’という迷信があり、やはり昔から嫌われていたようです。

  • 黒い蝶が体のどこかに止まった場合

‘体調不良になる前触れ’という言い伝えがあるようです。

  • クロアゲハ蝶が左腕に止まった場合

人間関係のトラブルに注意した方が良いそうです。

  • 黒い蝶の夢を見たら

トラブルに巻き込まれる前触れと考えられているようです。

とくに目覚めが悪い場合は、近々トラブルに巻き込まれる事を暗示していると言われています。

  • 黒い蝶が家の中に入ってきたら

スピリチュアル的には、亡くなった人が‘大切な家族のトラブルや病気を心配して、その気持ちを伝えに来た’と、考えられているようです。

 

物事は考え方ひとつで大きく変わります。

クロアゲハ蝶(黒い蝶)に遭遇しても、「どうしよう!不吉なことが起きてしまう!」と嘆いて落ち込むのではなく、

「トラブルに巻き込まれるかもしれないから気を付けよう!」

「悪い出来事が起こるかもしれないけど、事前に教えてもらえたから準備が出来た!」とポジティブに捉えることが出来れば良いですね。

【スピリチュアルメッセージ】アゲハ蝶・クロアゲハ蝶が秘めたメッセージとは?のまとめ

今回はスピリチュアル的に

  1. アゲハ蝶やクロアゲハ蝶にはどんなメッセージが秘められているのか
  2. 神社で見かける蝶々にはどんな意味があるのか

について探ってきました。

要点まとめ
  • アゲハ蝶は、昔から‘神様の使い’と考えられている。
  • アゲハ蝶と出会うことは‘幸運の兆し’とされている。
  • スピリチュアル的に、蝶が体にとまると大きな幸運が訪れたり、物事の節目や人生の転機が訪れる、‘幸運のサイン’と考えられる。
  • 神社参拝のとき蝶々に遭遇したら、‘神社に祀られた神様から、歓迎されているしるし’である。
  • 黒い蝶には‘不吉なメッセージ’と‘幸運の兆し’という、対照的な2つの意味がある。
  • クロアゲハの場合、遭遇する場所やタイミングによって、意味合いが変わってくる。

スピリチュアルの世界には、ひとつの現象に対して、さまざまな捉え方や考え方があります。

今回ここでご紹介したものは、ごく一部にすぎません。

「同じ出来事であっても、受け止める側のスタンスひとつで、その意味合いが変わってくる」という専門家の見解もあります。

クロアゲハ蝶に遭遇しても、すぐ「悪い事が起こる」と決めつけずに、なぜこのタイミングで目の前に現れたのか、自分の状況と照らし合わせてみると、自然とその‘意味’が見えてくるかもしれません。

せっかくの‘ありがたいメッセージ’、余すことなく受け止めて、その後の生活にしっかり役立てましょう!

神社・拒絶
神社の拒絶サイン!?神様に歓迎されていない時の6つのサインや兆候神社を訪れる際、神様から拒絶サインが出ていることがあることをご存知でしょうか。せっかく良いエネルギーをもらうために神社を訪れても、歓迎されていないのでは意味がありません。神様に歓迎されていない時の6つのサインや兆候を覚えて効果的な参拝をしましょう!...

あなたの好きな人が、運命の人か知りたくありませんか?

「共通点がたくさんあるからツインソウルかも」

「今はケンカ中だけど…好きだし信じてる」

「好きになった人が既婚者で…。」

こういう状態でお悩みのあなた。

その人が本当にあなたの運命の人かどうか…調べてみませんか?

ケンカをして離ればなれになっている状態や
難しい問題にぶつかっている状態は
運命の相手特有の『試練』かもしれません。

運命の相手と出会ったときに訪れる
試練の内容についてもまとめました。

ぜひ参考にしてください。

運命の相手を見つけ、結ばれる方法とは?

...