見えない力で人生を思い通りに【スピフル】
運命の相手を見つけ、結ばれる方法とは?

ツインソウル

ツインソウルと関わりたくない!拒絶したいときの対処法と気持ちの落ち着かせ方

ツインソウルと関わりたくない!拒絶したいときの対処法と気持ちの落ち着かせ方

ツインソウルとの運命的な出会いを果たし関係性が深まっていく中で、ツインソウルと過ごすことを辛く感じたり、ツインソウルを拒絶したくなることがあるそうです。

ツインソウルは人間の自我を越えた魂のつながりを持つもの同士であり、その魂のつながりというのはもとは一つであった魂が目的を達成するために2つに別れたところからスタートしています。

ツインソウルと出会いを果たすまでにも様々な出来事があり、場合によっては厳しい試練の後に出会いを果たす場合もあるので、ツインソウルとの関係には宇宙のルールに基づく大きな意味があるとされています。

ツインソウルに訪れる試練は魂が2つに別れた理由と大きく関係しており、様々な試練を通して魂を磨き次のステージへ進むためであり、様々な試練が出会いから最終的な結合に至るまで様々訪れ、その過程でツインソウルとの関係が辛くなったり、関わりたくないと感じたり拒絶したくなることもあるようなのです。

運命的な出会いを果たしたにも関わらず何らかのきっかけでツインソウルとの関係が辛く感じる…拒絶したい時にはどのように対応し、気持ちを落ち着けていくことができるのでしょうか。

一方でツインソウルを拒絶した場合、辛くなる…と言われていますが、どのような気持ちになるのかについても調べました。

あなたの好きな人が、運命の人か知りたくありませんか?

「共通点がたくさんあるからツインソウルかも」

「今はケンカ中だけど…好きだし信じてる」

「好きになった人が既婚者で…。」

こういう状態でお悩みのあなた。

その人が本当にあなたの運命の人かどうか…調べてみませんか?

ケンカをして離ればなれになっている状態や
難しい問題にぶつかっている状態は
運命の相手特有の『試練』かもしれません。

運命の相手と出会ったときに訪れる
試練の内容についてもまとめました。

ぜひ参考にしてください。

運命の相手を見つけ、結ばれる方法とは?

運命の相手を見つけ、結ばれる方法とは?「気になるあの人とうまくいかない…」 「でも忘れられないし、運命の人かもしれない。」 そのツラい状態から抜け出したくありませんか? ...

ツインソウルを拒絶したい時の対処法・距離の取り方

ツインソウルを拒絶したい時の対処法・距離の取り方

ツインソウルと関わりたくない、拒絶したい…拒絶まではいかなくとも、少し離れたい…や距離を置きたいなどの感情が起こる理由は様々あると思います。

もとは一つの魂をもっているがゆえにツインソウルに自分のいやな部分を見てしまったり、ツインソウルの事が頭から離れず他の事が手につかない…失うことを考えると辛すぎて関係を続けていく自信がない…など環境や状況によってもその状況は異なります。

 

ツインソウル同士は魂レベルで強くつながっていることから、一緒にいてもいなくてもツインソウルの気配や気持ちが分かってしまうなどの“つながっている感じ”を味わいますし、魂を満たし合う特別な相手なので一般的な関係とは違い、忘れよう…と思ったり、気を紛らわせよう…としても上手くいきません。

ツインソウルとの関係はそれほど強く、何かで代用できるものではないからなのですが、そんなツインソウルと距離を置きたい場合、どうすればいいのでしょうか。

 

ツインソウルはもとは一つの魂ですので、片方だけがつながりを感じるわけではなく双方が“つながっている”と感じており、お互いに相手の考えていることを感じ取ったり気配を意識している状態なのですが、ここで注意したいのは、ツインソウルを拒絶したからと言って関係が切れるわけではないという事です。

 

ツインソウルのどちらかに“拒絶したい”“距離を置きたい”などの感情が生まれる際、ツインソウルが本来もっている“無条件の愛”や“純粋な愛”に対してエゴや執着をコントロールできておらず、一緒にいても魂が満たされないなどの状況…ツインソウルが必要なあまり、一緒にいるのが辛い…や現実的にいっしょにいられないという状況でも魂は満たされません。

 

ツインソウルが出会う理由の中にはこの“無条件の愛”や“純粋な愛”を学ぶという事も含まれており、エゴとの決別やツインソウルへの想いを通して、自分自身と向き合うことは結合の為にはなくてはならない試練だとも言われています。

こういった事を踏まえると、拒絶したい場合にはこれも試練であると捉え、徹底的に物理的な距離を取る…という事が最も効果的ではないでしょうか。

ツインソウルと会わない・連絡を取らない・連絡を絶つという事です。

物理的な距離を取ることでエゴの手放しを促したり、自分自身と向き合う時間を作り、続いていくツインソウルとの関係を客観的に見つめることが結合に至る一番の近道になるのかもしれません。

ツインソウル同士は拒絶した側もツラくなる?気持ちの落ち着かせ方は?

ツインソウル同士は拒絶した側もツラくなる?気持ちの落ち着かせ方は?

ツインソウルを拒絶し、物理的な距離を取ったとしても魂のつながりが途切れるわけではなくツインソウルの気持ちや気配は継続して感じますし、考えていることが分かってしまうなどの状況は続きます。

一緒にいることが辛くて拒絶したものの辛い気持ちになる…という事は珍しくなく、連絡を絶った側も絶たれた側も同じ辛さを味わうというのです。

 

それにはツインソウルの魂を満たし合う役割が大きく関係していて、本来一つである魂が離れており満たし合える状況ではないことが辛さになると言われています。

まさに試練という感じです。

このような時、どうやって心を落ち着かせるのがよいのでしょうか。

一つはツインソウルという存在を信じることだと言われています…ツインソウルの活動は宇宙の法則によるものであり、結合という最終段階に着実に向かっていてツインソウルはその道を共に歩む相手なのです。

 

今の状況がどうであれ、ツインソウルを信じて目の前の試練と向き合って宇宙とのつながりを意識することは宇宙の法則にのっとった本来辿るべき道を進んでいくことに他なりません。

ツインソウルを拒絶したことによる辛さや気持ちを落ち着かせる方法としてヨガや瞑想が挙げられますが、自分を見つめる時間を持ち、目の前の事だけでなく壮大な宇宙の時間軸にいる自分とツインソウルを意識し受け入れていくことが大切なのかもしれません。

 

ツインソウルといっしょにいることやツインソウルの存在が辛く拒絶したものの、辛さが無くなるわけではないということです。

“どうして拒絶したくなったのか”に目を向け、自分を見つめてみる…ツインソウルを信じる…壮大な宇宙の時間軸を感じることでツインソウルと出会った意味に気付き“エゴを手放す“あるいは”真実の愛に気付く“というようなタイミングが訪れるのではないでしょうか。

ツインソウルと関わりたくない!拒絶したい時の対処法と心の落ち着かせ方まとめ

ツインソウルとの関係が深まっていく中で、ツインソウルと関わりたくない…距離を置きたいなどの状況になることは珍しくないそうです。

運命的に出会ったツインソウルと関わりたくない、拒絶したいというような状態になった場合、物理的に距離をとることが有効ですが、会わない・連絡をしないなどの場合でもツインソウルとの関係が切れるわけではないこと…それはツインソウルは魂レベルでのつながりがある本来一つの魂を持つもの同士であるからという理由でした。

 

また、ツインソウルを拒絶したいというような感情が生まれるとき、ツインソウルが本来もっている“無条件の愛”や“純粋な愛”に対してエゴや執着をコントロールできておらず魂が満たされない状態であり、ツインソウルとして魂を満たし合うことが困難な状態にあるという事がわかりました。

ツインソウルは宇宙のルールにのっとって出会い、壮大な時間軸の中で魂を磨くために共に活動し、魂を満たし合うことができる相手として存在しています。

 

もとは一つの魂を持っているツインソウルは拒絶をしても、されても魂が満たされない事により辛い気持ちを味わうと言われているのですが、そういった気持ちを落ち着かせるためにはヨガや瞑想が効果的だという事でした。

ヨガや瞑想はエゴの手放し、自己を見つめる機会につながりますので、関わりたくない…拒絶したいという感情の根底に何があるのかが見えてくるかもしれません。

 

魂を磨くための試練としてツインソウルを拒絶することが必要な状況もあるといいますが、ツインソウルの活動は壮大な時間軸の中で行われます。

ヨガや瞑想を行い心を落ち着かせながら、宇宙に法則に基づいて出会いを果たしたツインソウルを信じることも重要です。

目の前の事だけではなくツインソウルとしての役割や学ぶべきことに目を向けて自分自身を見つめなおすことでエゴの手放しや真実の愛への気付きなどがもたらされ、ツインソウルとの関係が次のステージへと進んでいくことになるのではないでしょうか。

ツインソウルとは?魂の片割れと言われる存在の全てを徹底研究!偽ツインソウルの見分け方も紹介
ツインソウルとは?魂の片割れと言われる存在の全てを徹底研究!偽ツインソウルの見分け方も紹介この記事では、 ツインソウルはどういう存在なのか? ツインソウルと出会ったことはどうやって知るのか? 出会った...

メディア出演実績多数!無料特典が豊富で、当たると評判の電話占いFeel(フィール)

運命の相手を見つけ、結ばれる方法とは?